辞書はひかない。わからないところはとりあえずとばして、楽しめそうな英語の本を沢山読もう。ネコ好きの夜行猫の趣味の英語読書記録。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lionboy
2015年02月13日 (金) | 編集 |
LionboyLionboy
(2005/06/02)
Zizou Corder

商品詳細を見る

画像はKindle版にリンクしていますが、私が読んでいるのは日本語版が大々的に宣伝されていた頃に買ったハードカバーです。
「ネコが出てくる話で、面白そうだけど児童書を買うのはちょっと…」と思って原書を買ったら、読めなかったあの頃。。。

まだ数章しか読んでいませんがワクワクする展開です。
SSSの書評システムに読みやすさレベルYL=6.5 と書いてあるので、とりあえずそのカテゴリーに入れてますが、今の私にピッタリのレベルです。

スポンサーサイト
"Pie" と "The Cheshire Cheese Cat" の読みやすさについて
2015年01月06日 (火) | 編集 |
PiePie
(2013/04/30)
Sarah Weeks

商品詳細を見る

正月休みに読んだこの本、実質的には3日半くらいで読めてとても楽しめたので、わたし的には読みやすさレベルYL=4.5。
ところが参考までにと思ってScholastic Reading Count! を見てみると、
 Reading Level =6.6
 Lexile Level =930L
 総単語数=33,001w

パイとねこと秘密のレシピ (海外文学コレクション)パイとねこと秘密のレシピ (海外文学コレクション)
(2012/09/15)
サラ ウィークス

商品詳細を見る

この(↑)邦題に惹かれて原書を買ったのだけど、英語でも十分に堪能したので邦訳は見ていません。
表紙の絵も、私が原書から感じたイメージと合わないし。

ちなみに、ちょっと前に書いた"The Cheshire Cheese Cat"は。。。
途中で投げようかと思いつつ、ほぼ1か月かかって最後まで読んで、そこそこ面白かったけど未消化な気がして邦訳を買ってしまった。
わたし的読みやすさレベルYL=5.5だけど、
 Reading Level =4.5
 Lexile Level =740L
 総単語数=36,159w

The Cheshire Cheese Cat: A Dickens of a TaleThe Cheshire Cheese Cat: A Dickens of a Tale
(2014/09)
Carmen Agra Deedy、Randall Wright 他

商品詳細を見る

チェシャーチーズ亭のネコチェシャーチーズ亭のネコ
(2014/07/22)
カーメン・アグラ・ディーディ&ランダル・ライト

商品詳細を見る

見た目もこっちは挿絵があるので、読みやすそうな気がしたのだけど、英語はわたし的にはやや難でした。

"The Cheshire Cheese Cat" はネコ目線、ネズミ目線で書かれていて、ネコとネズミが会話するなど、ファンタジーが入っているから想像力を働かさなければいけないけど、"PIE" は主人公の女の子Alice の目線で書かれ、今よりちょっと昔の話だけどファンタジーじゃないから状況がイメージしやすいとか、
私はチーズはあんまり好きじゃなくて、パイなら大好きだからいろんなパイが出てくるのが楽しかったのだとか、(笑)
パイのレシピが伯母の書いたレシピという設定だからそこだけ英語が難しくて、本文だけならReading Level も実はもっと低いとか、
後付けの理由ならいろいろつけられそうです。

要するに、
他人の評価は参考程度に考えて、面白いかも~と思える本に出会ったら、ごちゃごちゃ考えずに読んでみなはれー
って事なんだろうけど、さて、次は何を読もうか……
"Pie" 読了
2015年01月05日 (月) | 編集 |
PiePie
(2013/04/30)
Sarah Weeks

商品詳細を見る

年末年始に読んだ本。
英語絵本「Christmas Kitten: Home at Last」
2014年12月04日 (木) | 編集 |
Christmas Kitten: Home at LastChristmas Kitten: Home at Last
(2010/09)
Robin Pulver 文
Layne Johnson 絵

商品詳細を見る

久しぶりの英語ネコ絵本です。
リンクはハードカバーに張ってありますが、私が買ったのはKindle版です。
実は、同じ作者の似たようなタイトルのペーパーバック版絵本(下の画像)を持っているので、同じ内容だったらどうしよう、、、とドキドキしながらの購入でした。

Christmas for a KittenChristmas for a Kitten
(2005/09/30)
Robin Pulver 文
Layne Johnson 絵

商品詳細を見る


今回買ったのは、持っていた本の続編でした。
前回の本は、横長の見開き2ページいっぱいに描かれた絵が素敵!
でも、内容的にはちょっと納得がいかない、、、と思っていました。
今回の続編を読んで満足しました。
後半だけでも楽しめますが、2冊続けて読むと、子猫の数奇な運命がよくわかり、胸のキュンキュン度が3倍増しになります。

絵本は紙の本のほうが断然いい~とは思いますが、古い本は入手困難だし、お財布やら本棚やらの事情を考えると、Kindleって便利ね~と思います。
なるべく大きな端末で見ることをお勧めします。
"The Cheshire Cheese Cat: A Dickens of a Tale" 読書中
2014年09月28日 (日) | 編集 |
The Cheshire Cheese Cat: A Dickens of a TaleThe Cheshire Cheese Cat: A Dickens of a Tale
(2014/09)
Carmen Agra Deedy、Randall Wright 他

商品詳細を見る


まだまだ先は長いですが、ちょっと面白くなってきました。
きっかけはアマゾンにあった邦訳の内容紹介文を読んだこと。
今までモヤモヤと霞がかかっていた絵がくっきり見えた感じがしました。
不思議なことに、私がわからなかった英単語の日本語訳が載ってたわけじゃないんです。
私がだいたい理解した英語の日本語訳しか書いてないのに、英語では「だいたい」しか分からなくて悶々としていたのに対し、日本語では「なるほど!これは面白そうだ!」って思ったのです。
むー、なんかうまく説明できてない。。。

ちょっと訳ありのネコ Skilly は、Ye Olde Cheshire Cheeseという宿屋がネズミ捕り要員を必要としていることを知り、一芝居うってまんまと住み込むことに成功します。
一方、この宿屋にはPipというネズミがいます。
宿屋の娘NellがPipを気に入っているため、Pipは人間の言葉が理解できるようになりました。
Skilly と Pip が出会い、、、

というところまで読みました。

アマゾンでは邦訳の書評に、スキリーの目はブルーと書いてあるのに表紙の絵は……という指摘があります。
私がここまで読んだ範囲ではSkilly の目の色の記述はありませんが、作中のC. Dickens氏が、
He is a handsome blue with a most comical tail.
と宿屋のネコのことを記述しています。
私の持っているアメリカ版と邦訳とは同じ絵です。
アニメ「トムとジェリー」のトムじゃあるまいし、ブルーのネコなんてと思う人もいるでしょう。(^_^;)
ロシアンブルーという種類のネコのような灰色と思われます。
どこかで邦訳を読んで確かめてみなければ。。。
The Cheshire Cheese Cat: A Dickens of a Tale
2014年09月23日 (火) | 編集 |
The Cheshire Cheese Cat: A Dickens of a TaleThe Cheshire Cheese Cat: A Dickens of a Tale
(2014/09)
Carmen Agra Deedy、Randall Wright 他

商品詳細を見る

1章が短くて、挿絵があって、でも200ページ以上もあるので、読みごたえがありそう、という本を見つけました。
これは読みやすくて面白い本に違いない!と飛びついたのですが、まだほんの数ページしか読めていません。

珍しいことに、巻頭に、主な登場人物(動物)紹介があります。
巻末には、見慣れなさそうな単語の解説まであってなんて親切な児童書なんでしょう!と思いつつ読み始めたら、予想外に難しかった。
単語の解説はそのためなのね~
チャールズ・ディケンスが登場するのですが、私が彼の小説をあまり知らないからでしょうか。
イギリスの下町言葉が使われているのでしょうか。
英語の難しさが気になって、なかなか物語に入っていけません、

ちなみに、画像は、私が買ったアメリカ版にリンクしています。
邦訳が出ています。
Spellbound: The Books of Elsewhere: Volume 2
2014年09月17日 (水) | 編集 |
Spellbound: The Books of Elsewhere: Volume 2Spellbound: The Books of Elsewhere: Volume 2
(2012/05/24)
Jacqueline West

商品詳細を見る

厚みがあるので読むスピードを上げようと、audible.com で音源を買って聞きながら読んでいます。
半分ほど読んだとき、いざ読もうと思ったらiPodがバッテリー切れでお預けに。
それ以来、手が伸びなくなってしまった。
続きは気になっているのだけど、、、
レベル4って設定したけど、レベル5と思ったほうがいいのかも。

1巻から順に読むのがおすすめ。
古くて大きな家に住んでいるOlive は、ひょんなことから自分の家に飾られている絵の中に入って行けるようになります。
そこは自分の住んでいる街と同じなんだけど、住んでいる人は違う別の街。
Oliveの家の、前の住人が描いたってことが関係しているようで、、、

Oliveの味方というか力になれるのは、家に住みついているネコたちだけなのに、これが気まぐれ(何か考えがあるのか?)で生意気(実はすごい年寄だったりして?)で、面白いけどちょっと不気味なシリーズです。

続きが気になるのだけど、これより少しだけ読みやすそうで、面白そうな本を買ってしまった……(笑)
No Such Thing as a Witch 読了
2014年08月05日 (火) | 編集 |
A Matter-of-Fact Magic Book: No Such Thing as a Witch (A Stepping Stone Book(TM))A Matter-of-Fact Magic Book: No Such Thing as a Witch (A Stepping Stone Book(TM))
(2013/08/27)
Ruth Chew

商品詳細を見る

読み終わりました。
結論から言うと、表紙の絵はイメージでした。
ネコは登場しますが、表紙の絵のようにウジャウジャとは出てきません。(^_^;)

Nora と Tad の姉弟は同じアパートのお隣に引っ越してきた、Maggie Brown のことが気になります。
なんとなく魔女みたいだと感じるのです。
動物を扱うのが上手で、まるで言葉が通じるみたいに、言うことをきかせるのです。
Nora と Tad はMrs. Brown の家に招かれました。
家にはイヌとネコとトカゲが飼われていました。
そして二人は、手作りのとてもおいしいお菓子をもらって帰ったのですが、それには不思議な作用があり……

この本が書かれたのは1971年なので、今どきの親も子供にこんな注意をするのか?と思うところがありました。
この本に限らず、Ruth Chew の書く魔女は、ちょっと間抜けだったり、いたずら好きだけど根はいい人だったりして、最後にはほのぼのします。
A Matter-of-Fact Magic Book: No Such Thing as a Witch (A Stepping Stone Book(TM))
2014年07月30日 (水) | 編集 |
A Matter-of-Fact Magic Book: No Such Thing as a Witch (A Stepping Stone Book(TM))A Matter-of-Fact Magic Book: No Such Thing as a Witch (A Stepping Stone Book(TM))
(2013/08/27)
Ruth Chew

商品詳細を見る

先日、久しぶりに紀伊國屋書店へ行ったので、ついでに洋書の棚も見て回りました。
児童書の棚で見つけた本がコレ!
Ruth Chew の児童書って絶版ばかりで、アマゾンでも中古でしか手に入らなかったのに、新しい表紙をつけて再発行されたようです。
アマゾンで検索したところ Matter-of-Fact Magic Book シリーズとして、いまのところ4冊出ています。

魔女ものが好きな人にお勧めの作家です。
魔女といえば黒ネコってことで、表紙にネコがいっぱい描かれているこの本だけ買ってきました。
Ruth Chew のほかの魔女本も出たらいいのに~~
Pizzicato: The Abduction of the Magic Violin
2014年06月26日 (木) | 編集 |
Pizzicato: The Abduction of the Magic ViolinPizzicato: The Abduction of the Magic Violin
(2011/02/08)
Rusalka Reh

商品詳細を見る

画像はペーパーバック版にリンクしていますが、私はKindle版で読みました。
表紙に小さくネコが描かれているので、期待したのですが、ネコは出てきませんでした。
サブタイトルにあるように、不思議な力を持つバイオリンにまつわる話です。
読みやすさレベルはYL=4.0くらいでしょうか。
チャプターブックですが、1章が短いのでテンポよくガンガン読めました。

Darius Dorianは児童養護施設で暮らしている少年です。
同室のMaxにはいつもいじめられていて、ピンクのラジオで音楽を聴いてる間だけ安らぐのでした。
春休み、学校の行事の一環として3週間の間、各自別々に街の職人のところに体験入門する課題が与えられました。
Dariusには宝石店の宝飾職人のところが割り当てられたのですが、職人の家庭の事情で急きょバイオリン職人のところへ行くことになりました。
ところが初日からMaxの陰謀で、、、
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。