辞書はひかない。わからないところはとりあえずとばして、楽しめそうな英語の本を沢山読もう。ネコ好きの夜行猫の趣味の英語読書記録。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

"Varjak Paw" 読了
2008年01月29日 (火) | 編集 |
Varjak PawVarjak Paw
(2005/05)
S. F. Said

商品詳細を見る

読み終わりました。
面白かった~
どうやって窮地を切り抜けるのか、ドキドキしながら読みました。

Varjak Pawはメソポタミアン・ブルーという希少純血種ネコ。
丘の上の高い塀に囲まれた家で家族と一緒に大事に飼われていました。
しかしVarjakはほかの家族とは目の色が違うので兄弟にいじめられていました。
祖父のElder Pawは先祖Jalalの武勇伝を話してくれました。

どうやら飼い主の老婦人が亡くなったらしく、老婦人が嫌っていた男がネコの世話をするようになりました。
ごちそうを出してくれるが、不気味な黒ネコ2匹を連れている。
一族の危機を感じたElder Pawは自分がおとりになって黒ネコをひきつけ、Varjak Pawを塀の外に逃がしてくれます。
人間に対抗できる助っ人を連れてこいというのだ。
塀の外の世界を知らないVarjak Pawに、一族を救うことができるのだろうか?!

SSS英語学習法研究会によると、読みやすさレベルYL=4.0、総単語数は34,267語。

Varjak Pawのつかうワザが魔法っぽくて、ううむ。もう少し現実のネコらしいのが私の好み。
これからライバルになるであろう白ネコも同じワザを使うようなので、まぁいいかというところ。
続編も買ってあるので、邦訳が出る前に読みたい。
スポンサーサイト
Varjak Paw
2008年01月23日 (水) | 編集 |
Varjak PawVarjak Paw
(2005/05)
S. F. Said

商品詳細を見る

今日から読み始めた児童書ネコ本です。
たまたま立ち寄った書店で、これの邦訳が出たばかりであることを知りました。
原書を買ったときは「日本で知られていないネコ本を見つけた。うっしっし」とほくそ笑んでいたので、ちょっとショック。
文字の大きさとページ数、ネイティブの9~12歳向けということなどから、私にはまだ難しいレベル4かな?と判断して寝かせていました。
悔しいのでダメ元で読んでみました。
挿絵が多い(平均すると5ページにひとつくらいの割合)ので、思ったよりは読めてます。
今のところは。
でも挿絵は邦訳版のほうが好みかな。

続編も出てます。

邦訳はこんなの↓。
バージャック―メソポタミアン・ブルーの影バージャック―メソポタミアン・ブルーの影
(2008/01)
SFサイード、金原 瑞人 他

商品詳細を見る



Magic Kitten 2: Classroom Chaos
2008年01月18日 (金) | 編集 |
Classroom Chaos (Magic Kitten)Classroom Chaos (Magic Kitten)
(2006/07/27)
Sue Bentley

商品詳細を見る

Abi West は全寮制の学校で勉強している女の子。
学期のはじめから女王さま気取りのKeeraに目をつけられてしまった。
同室になったSashaとは、すぐに仲良くなった。
Abiはひょんなことから、ライオン国の王子Flameと知り合う。
普段は子ネコの姿をしているFlameは叔父に命を狙われているという。
Abiは同室のSashaにも内緒にしてかくまってあげると約束したが、ペット禁止の寮でそんなことできるのかしら?

SSS英語学習法研究会によると、読みやすさレベルYL=3.5、総単語数はおよそ9900語。

シリーズ2作目。
各巻で舞台は異なるので、読む順番は気にしなくても大丈夫のようだ。

A Spell of Witches
2008年01月14日 (月) | 編集 |
The Belfry Witches (Belfry Witches)The Belfry Witches (Belfry Witches)
(2003/10/03)
Kate Saunders

商品詳細を見る

1話目の「A Spell of Witches」を読み終わりました。
YL=3.5-4.0 総単語数はおよそ17,000語。
いたずらをしてWitch Islandを追放された二人の魔女が、人間の村に受け入れられるまでを描きます。
この話にはネコは登場しませんでした。
本文中のイラストはTony Ross。
この人の挿絵は好きなので、まあ、良しとしましょう。

第2話の「Mendax the Mystery Cat」を読むために、この1話目を読んだようなものです。

1話ずつバラ売りの本はこんな表紙です。

Spell of Witches (Belfry Witches)Spell of Witches (Belfry Witches)
(1999/10/08)
Kate Saunders

商品詳細を見る

The Belfry Witches
2008年01月03日 (木) | 編集 |
The Belfry Witches (Belfry Witches)The Belfry Witches (Belfry Witches)
(2003/10/03)
Kate Saunders

商品詳細を見る

あけましておめでとうございます。
アマゾンやペリカン便には正月など存在しないようで、我が家には12月31日と1月1日に商品が届きました。
今年は多読三昧の年になるというお告げでしょうか。(笑)

この本は12月31日に届いた本で、まだ第1章しか読んでいません。
読みやすさレベルYL=3.5-4.0ってところでしょうか。
1月3日からBBC Big Toe Booksで朗読を聴くことができる「Mendax the Mystery Cat」が収録されています。
「Mendax the Mystery Cat」だけの本は発送までに3~5週間かかるということなので、ひょっとしたら入手できないかもしれません。

今回リンクした「The Belfry Witches」は3冊分を1冊にした本で、お買い得です。
続編の「The Belfry Witches Fly Again」も3冊分が収録されています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。