辞書はひかない。わからないところはとりあえずとばして、楽しめそうな英語の本を沢山読もう。ネコ好きの夜行猫の趣味の英語読書記録。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Happy&Honeyの秋
2008年10月31日 (金) | 編集 |
The Best Fall of All (Happy Honey)The Best Fall of All (Happy Honey)
(2002/09/01)
Laura Godwin(文)
Jane Chapman(絵)

商品詳細を見る

イヌのHappyとネコのHoneyはとても仲良し。
外に出て秋を満喫しますが、ちょっと寒くなってきました。
そこでHappyがある提案を、、、

SSS英語学習法研究会によると、読みやすさレベルYL=0.3、総単語数は154語。
文章はすべて現在形で書かれています。

小さくて好奇心旺盛なHoneyと、大きくて頼れる存在のHappyの関係がほのぼのとしています。
秋って人恋しくなる季節です。
スポンサーサイト
Maisie Meets her Match
2008年10月20日 (月) | 編集 |
Maisie Meets Her MatchMaisie Meets Her Match
(1988/11)
Aileen Paterson

商品詳細を見る

Maisieはスコットランドの女の子。
おとうさんは冒険家で留守がちなので、Maisieはおばあさんの住むエジンバラで暮らしています。
とある秋の日、数人の友達といっしょに公園でボール遊びをしていたら、いたずらっ子に出会いました。
それでボール遊びを止めて図書館に行きました。
図書館ではハロウィーンの本を朗読していました。
みんなでMaisieの家に行くと、ジャングルにいるおとうさんから荷物が届いていました。
怖い顔のお面です。
それを見たMaisieのおばあさんは、ハロウィーンの仮装がしまってあることを思い出します。。。

というわけでスコットランドのハロウィーンの様子がわかる絵本です。
表紙の絵では仮装してランタンを持っているMaisieたちが描かれていますが、日本に伝わっているアメリカ流のハロウィーンとはいろいろ違うようです。

絵本としては読み応えが有るので、読みやすさレベルYL=2.5-3.5というところでしょうか。
Mr. Putter & Tabby See the Stars
2008年10月16日 (木) | 編集 |
Mr. Putter & Tabby See the Stars (Mr. Putter and Tabby)Mr. Putter & Tabby See the Stars (Mr. Putter and Tabby)
(2008/09)
Cynthia Rylant

商品詳細を見る

悠々自適の生活を送っている Mr. Putter は老ネコ Tabby と二人でのんびりと暮らしています。
お隣の老婦人 Mrs. Teaberry とは、ほどよい距離感を保って紳士淑女のおつきあいをしています。
ある夜、 Mr. Putter はおなかが張って眠れません。
昼間、Mrs. Teaberryのところでお菓子を食べ過ぎたからです。
そこで Tabby を連れて散歩に出ることにしました。。。

読みさすさレベルYL=1.5くらいの易しい絵本です。
大人しか登場しない、ほのぼのしたシリーズです。
Pet Fairies 1作目
2008年10月14日 (火) | 編集 |
Katie the Kitten Fairy (Rainbow Magic)Katie the Kitten Fairy (Rainbow Magic)
(2008/03)
Daisy Meadows

商品詳細を見る

Rainbow Magic シリーズの29冊目、Pet Fairyシリーズ(イギリス版ではPet Keeper Fairy)の1冊目。
ネコの妖精Katieを助けます。

このシリーズは初めて読みました。
話の展開に決まったパターンがあるようで読みやすそうです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。