辞書はひかない。わからないところはとりあえずとばして、楽しめそうな英語の本を沢山読もう。ネコ好きの夜行猫の趣味の英語読書記録。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Winnie Says Cheese
2009年04月23日 (木) | 編集 |
Winnie Says Cheese (Winnie the Witch)Winnie Says Cheese (Winnie the Witch)
(2009/01/01)
Laura Owen

商品詳細を見る


お騒がせな魔女のWinnieと黒ネコのWilberのお話が4つ入っている児童書です。
ひとつの話は20ページほどで、見開きのどちらかにかならず挿絵がついています。
しか~し、前にも書きましたが、このシリーズは読みづらいです。(T_T)
というわけでレベル3にしました。
文字の大きさや、挿絵の入り具合はレベル2くらいの感じです。
イギリス式のユーモアが分からないと楽しめないのかもしれません。
スポンサーサイト
manga版Warriors "Tigerstar and Sasha" 第2巻
2009年04月09日 (木) | 編集 |
Warriors Tigerstar and Sasha 2: Escape from the Forest (Warriors (Graphic Novels))Warriors Tigerstar and Sasha 2: Escape from the Forest (Warriors (Graphic Novels))
(2009/01)
Dan Jolley

商品詳細を見る

野生ネコの群れと別れ、1匹で生きようとするメス猫のSashaは昔の飼い主が忘れられない。
人間の住むところに来てはみたが、飼ってくれる人が簡単に見つかるはずもなく、Sasha自身も人間に媚びる気はない。
生き方を模索していたSashaは昔の飼い主と似たにおいをもつ人間と出会う。

ちょっと絵が情けないmangaですが、メスネコが主人公なので朝の連続テレビ小説みたいです。
波乱万丈の人生ならぬ猫生にこの先何が待っているのか!?って感じです。

Tigerstar and Sasha シリーズはサブタイトルが児童書版と似ているので、児童書版と同じ内容かと思っていたのですが、児童書版のプロローグを読んでみて、違うということが判明しました。
児童書版は文字の小ささと本の厚さから、1冊読み通せないかもと尻込みしています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。