辞書はひかない。わからないところはとりあえずとばして、楽しめそうな英語の本を沢山読もう。ネコ好きの夜行猫の趣味の英語読書記録。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Slobcat Mini Treasure
2013年01月23日 (水) | 編集 |
Slobcat Mini TreasureSlobcat Mini Treasure
(1996/11/26)
Paul Geraghty

商品詳細を見る

あちこちに積み上がっている本を本棚に収めるべく、本を整理しています。
「本には雄と雌がある」というジョークに大賛成です。
まとめて置いておくといつの間にか増えている。。。
そんなわけで、久しぶりにこの絵本を読みました。(だから、なかなか片付かない)
私の持っているこれは、手のひらサイズのミニ絵本ですが、普通のサイズも存在ようです。

飼い主の女の子が、Slobcat と呼んでいる飼い猫のことを語っています。
うちのネコは寝てばかりのダメダメネコで、ごはんを食べるのすらめんどくさがる。
雨宿りも満足にできない、と、さんざんな言われようです。
でもね、絵をよく見てください。

多読に絵本を勧める理由として、英語が分からなくても絵が教えてくれるからといいますが、この絵本ではそれが当てはまりません。
文章と絵とのギャップを楽しむ絵本です。

調べてみたら、何年か前にもこの本を取り上げていますね~
その時は1ページに1文くらいという文章の少なさから、カテゴリーをレベル0にしていました。
でも、絵と文とで言ってる事が違う(?)ので、今回はレベル1にしました。

面白いので、この本は手放せないな~
スポンサーサイト
The Cats of Roxville Station
2013年01月20日 (日) | 編集 |
The Cats of Roxville StationThe Cats of Roxville Station
(2010/05/27)
Jean Craighead George

商品詳細を見る

和書のネコ本の新刊をチェックしていたら、こんな児童書がヒットしました。
駅の小さな野良ネコ駅の小さな野良ネコ
(2013/01/17)
ジーン・クレイグヘッド・ジョージ

商品詳細を見る

「知らない話だな~、児童書なら原書で読んでみよう」と思ってアマゾンを検索して出てきたのが、今回取り上げた本です。
冒頭に「お客様は、2012/4/4にこの商品を注文しました。」と書いてありました。
ありがとうアマゾン。探してたら、確かにうちの本棚にあったよ。(^_^;)
裏表紙に10歳以上向けと書いてあったので、私には難しい英語が使われているに違いないと思って、速攻で本棚にしまったのでした。

開いてみると、文字は小さいけれど、行間が広くとってあるので読みやすそうです。
挿絵も少ないながらチラチラとあるので、これも読みやすかも~と思わせる効果があります。ネコの絵ばかりですけど。
表紙の絵もそうですが、英語版ではネコばかりが描かれていてネコしか出てこないのか?と思いがちですが、日本語版の表紙からは、ネコ以外の動物がいたり、どうやら人間の子供とネコとの交流があるらしいということがうかがえます。

Kindle で遊ぶのもちょっと飽きてきた今日この頃、チャレンジしてみるか!?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。