辞書はひかない。わからないところはとりあえずとばして、楽しめそうな英語の本を沢山読もう。ネコ好きの夜行猫の趣味の英語読書記録。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

痛くないEnglish(国語)
2014年05月24日 (土) | 編集 |
安いKindle洋書にはハズレが多い。
そんなわけでイマイチなネコ洋書ばかりを読んでいる今日この頃。

知り合いのブログの「日米の国語教育の違い」とか「作文の教科書」とかいった記事に刺激されて、気分転換も兼ねて、以前に買ったEnglish(国語)の本を引っ張り出してみました。

まずはコレ。
Painless English for Speakers of Other Languages (Barron's Painless Series)Painless English for Speakers of Other Languages (Barron's Painless Series)
(2007/02)
Jeffrey Strausser、Jose Paniza 他

商品詳細を見る

表紙のネコに釣られて買ったのだけど、中学・高校生向けなのですぐに挫折。
私が気持ちよく読める本は、背伸びしても8-12歳レベルなので、当然です。
本文のあちこちに挿絵があるけど、表紙のネコはおらず、それも気分が乗らない一因に。(^_^;)

約240ページのうち前3/5は名詞とか動詞とか品詞の使い方。
後ろ2/5が作文・文章の書き方。
練習問題を解きながら学んでいく本なので、独習に向いているとは思います。
私は10ページで投げたけど。。。

今は、新しい版が出ているようです。

Painless English for Speakers of Other Languages (Barron's Painless Series)Painless English for Speakers of Other Languages (Barron's Painless Series)
(2012/08)
Jeffrey Strausser、Jose Paniza 他

商品詳細を見る

書籍版にリンクしましたが、Kindle版もあるようです。
ちなみに、表紙のネコはscaredy-cat(弱虫・ビビリ)からきていると思われます。

このシリーズの低年齢向けなのがコレ。
Barron's Painless Junior English for Speakers of Other LanguagesBarron's Painless Junior English for Speakers of Other Languages
(2008/07/04)
Jeffrey Strausser、Jose Paniza 他

商品詳細を見る

表紙がネコじゃないので買ってなかったのですが、この機会に買ってみました。
対象年齢は書いていませんが、アマゾンには小学校3~4年生から使えるようなことが書いてありました。
私にピッタリのレベルです。
残念ながら、アマゾンではもうすぐ品切れになりそうです。

表紙のチキン野郎(失礼)、Shakespeare先生(というお名前だそうです)が、「トライしてみよう!」「考えてみよう!」「キーポイント!」など指示をだしたり励ましたりしてくれます。
上述の本と同様、演習問題を解きながら進んでいく形式になっています。
解答欄が小さすぎるところ、大きすぎるところなどいろいろありますが。(^_^;)

第1章が「センテンスとは?」なところが、上述の本と違いますが、第2章以降はセンテンスのパーツ、すなわち各品詞の使い方、最後の2章、全体の1/4くらいが作文の書き方でした。
「大文字を使うところ」とか、「文末はピリオドやエクスクラメーション・ポイント」といった基本の基本から説明されているので、物足りないと思う人もいるかも。
でも、スペイン語のように英語とは微妙に違う記号の使い方をする言葉もあるわけですから。

作文やレポートの書き方をもっと学びたい人にはWritingという本もあります。
for Speakesr of Other Languages ではないですけど。

Painless Junior Writing (Barrons Painless Junior Series)Painless Junior Writing (Barrons Painless Junior Series)
(2006/11)
Donna Christina Oliverio

商品詳細を見る


この本にはKindle版がありますね~
サンプルをダウンロードしてみたところ、タコやらカメやらが先生役になって、文章の海を進んでゆく手ほどきをしてくれるようです。
作文の本には興味ないけど、これはちょっと面白いかも。
ネコ先生がでてくるんだったら、絶対に買うんだけどなぁ。(^_^;)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。