辞書はひかない。わからないところはとりあえずとばして、楽しめそうな英語の本を沢山読もう。ネコ好きの夜行猫の趣味の英語読書記録。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No Such Thing as a Witch 読了
2014年08月05日 (火) | 編集 |
A Matter-of-Fact Magic Book: No Such Thing as a Witch (A Stepping Stone Book(TM))A Matter-of-Fact Magic Book: No Such Thing as a Witch (A Stepping Stone Book(TM))
(2013/08/27)
Ruth Chew

商品詳細を見る

読み終わりました。
結論から言うと、表紙の絵はイメージでした。
ネコは登場しますが、表紙の絵のようにウジャウジャとは出てきません。(^_^;)

Nora と Tad の姉弟は同じアパートのお隣に引っ越してきた、Maggie Brown のことが気になります。
なんとなく魔女みたいだと感じるのです。
動物を扱うのが上手で、まるで言葉が通じるみたいに、言うことをきかせるのです。
Nora と Tad はMrs. Brown の家に招かれました。
家にはイヌとネコとトカゲが飼われていました。
そして二人は、手作りのとてもおいしいお菓子をもらって帰ったのですが、それには不思議な作用があり……

この本が書かれたのは1971年なので、今どきの親も子供にこんな注意をするのか?と思うところがありました。
この本に限らず、Ruth Chew の書く魔女は、ちょっと間抜けだったり、いたずら好きだけど根はいい人だったりして、最後にはほのぼのします。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。