辞書はひかない。わからないところはとりあえずとばして、楽しめそうな英語の本を沢山読もう。ネコ好きの夜行猫の趣味の英語読書記録。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

"Pie" と "The Cheshire Cheese Cat" の読みやすさについて
2015年01月06日 (火) | 編集 |
PiePie
(2013/04/30)
Sarah Weeks

商品詳細を見る

正月休みに読んだこの本、実質的には3日半くらいで読めてとても楽しめたので、わたし的には読みやすさレベルYL=4.5。
ところが参考までにと思ってScholastic Reading Count! を見てみると、
 Reading Level =6.6
 Lexile Level =930L
 総単語数=33,001w

パイとねこと秘密のレシピ (海外文学コレクション)パイとねこと秘密のレシピ (海外文学コレクション)
(2012/09/15)
サラ ウィークス

商品詳細を見る

この(↑)邦題に惹かれて原書を買ったのだけど、英語でも十分に堪能したので邦訳は見ていません。
表紙の絵も、私が原書から感じたイメージと合わないし。

ちなみに、ちょっと前に書いた"The Cheshire Cheese Cat"は。。。
途中で投げようかと思いつつ、ほぼ1か月かかって最後まで読んで、そこそこ面白かったけど未消化な気がして邦訳を買ってしまった。
わたし的読みやすさレベルYL=5.5だけど、
 Reading Level =4.5
 Lexile Level =740L
 総単語数=36,159w

The Cheshire Cheese Cat: A Dickens of a TaleThe Cheshire Cheese Cat: A Dickens of a Tale
(2014/09)
Carmen Agra Deedy、Randall Wright 他

商品詳細を見る

チェシャーチーズ亭のネコチェシャーチーズ亭のネコ
(2014/07/22)
カーメン・アグラ・ディーディ&ランダル・ライト

商品詳細を見る

見た目もこっちは挿絵があるので、読みやすそうな気がしたのだけど、英語はわたし的にはやや難でした。

"The Cheshire Cheese Cat" はネコ目線、ネズミ目線で書かれていて、ネコとネズミが会話するなど、ファンタジーが入っているから想像力を働かさなければいけないけど、"PIE" は主人公の女の子Alice の目線で書かれ、今よりちょっと昔の話だけどファンタジーじゃないから状況がイメージしやすいとか、
私はチーズはあんまり好きじゃなくて、パイなら大好きだからいろんなパイが出てくるのが楽しかったのだとか、(笑)
パイのレシピが伯母の書いたレシピという設定だからそこだけ英語が難しくて、本文だけならReading Level も実はもっと低いとか、
後付けの理由ならいろいろつけられそうです。

要するに、
他人の評価は参考程度に考えて、面白いかも~と思える本に出会ったら、ごちゃごちゃ考えずに読んでみなはれー
って事なんだろうけど、さて、次は何を読もうか……
スポンサーサイト
"Pie" 読了
2015年01月05日 (月) | 編集 |
PiePie
(2013/04/30)
Sarah Weeks

商品詳細を見る

年末年始に読んだ本。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。