辞書はひかない。わからないところはとりあえずとばして、楽しめそうな英語の本を沢山読もう。ネコ好きの夜行猫の趣味の英語読書記録。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pet to the Rescue: Brave Norman (A True Story)
2007年10月29日 (月) | 編集 |
Brave Norman: A True Story (Ready-to-Read. Level 1) Pet to the Rescue: Brave Norman (A True Story)
Ready-to-Read. Level 1

Andrew Clements (2002/11/01)
Aladdin Paperbacks
この商品の詳細を見る

表紙やタイトルからして、イヌ本だろうとは思ったけど、アマゾンのカテゴリーCatでヒットしたので読んでみました。
ネコは冒頭に背景のようにちらりと出てくるだけでした。
やっぱりね。(^_^;)

(あらすじ)Steve McDonald はもう一匹ペットが欲しいと思い、動物保護施設へいきました。
そこにはたくさんのネコやイヌが保護されています。
その中で、なかなか引き取り手がいないというNormanというイヌが気に入ったので連れて帰ることにしました。
NormanはすぐにMcDonald家に馴染みました。
先住のイヌLucyとも仲良くなりました。
ところがNormanは目が見えなくなってしまいます。
友人の中には「そんなイヌをまだ飼うのか?」という人もいました。
Normanは物にぶつかったり、おびえて人に吠えたりしてしまいます。
老犬Lucyが寄り添うことで、それもうまくいくようになりました。
そんなある日、海岸で散歩をさせていると、突然、Normanが海に向かって走り出してしまいました。
人がおぼれている声を聞いたのです。目の見えないNormanは助けることができるのでしょうか。

SSS英語学習法研究会によると、読みやすさレベルYL=0.7、総単語数は494語。

すごく簡単な英語で書かれているけど、海のシーンにはハラハラドキドキしました。
ネイティブの4~6歳向けの本です。
動物を大切にという事のほかに、身体に障害があってもできることはいろいろあるという事を示唆しているのかな、と深読みしてしまいました。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。