辞書はひかない。わからないところはとりあえずとばして、楽しめそうな英語の本を沢山読もう。ネコ好きの夜行猫の趣味の英語読書記録。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ginger, Nutmeg and Clove (Nine Lives #1)
2009年10月03日 (土) | 編集 |
Ginger, Nutmeg and Clove (Nine Lives)Ginger, Nutmeg and Clove (Nine Lives)
(1999/09/16)
Lucy Daniels

商品詳細を見る

ずっと溜めてあった児童書の中から、文字の大きい本を選んでみました。(まだ老眼じゃないつもりだけど)
全6巻のシリーズですが、4巻と5巻を持っていません。
Audible.comに音源があることがわかったので、それで補間しようと思います。

(2009/10/03追記:この本のAudeble.comの音源はアクセス地域による制限がかかっているようで、ログインしてから検索したらヒットしなくなりました。残念。)

Bradmanさんちの三毛猫Brackenが9匹の子ネコを産みました。Bradman家の二人の子供EllieとTomは素敵な家にもらってもらおうと考えます。
というわけで、この第1巻には
・お隣(?)の母子家庭にもらわれたGingerのお話。
・Brownさんちにもらわれたお転婆なNutmegのお話。
・ママ猫が恋しいCloveのお話。
の3話が入っています。
それぞれ、ちょっとした出来事というか、日常の中の小さな事件といった感じなのですが、いまいち盛り上がりに欠ける気がしました。

1話は5000語くらい、つまり1冊で15,000語、
読みやすさレベルはYL=2後半~YL=3前半と感じました。

1~3巻で9匹の話が一通りされて、4~6巻はそれぞれの続編になっているようです。
今から買うなら1~3巻の合本がおすすめです。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。