辞書はひかない。わからないところはとりあえずとばして、楽しめそうな英語の本を沢山読もう。ネコ好きの夜行猫の趣味の英語読書記録。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Dangers of Candy Canes
2009年10月12日 (月) | 編集 |
Candy Cane Murder: Candy Cane Murder/The Dangers of Candy Canes/Candy Canes of Christmas PastCandy Cane Murder: Candy Cane Murder/The Dangers of Candy Canes/Candy Canes of Christmas Past
(2008/10)
Joanne Fluke
Laura Levine
Leslie Meier

商品詳細を見る

3つの話が入っているクリスマス・ミステリー集です。
コージーミステリーとして知られている3つのシリーズのお試しに良いでしょう。
そのうちフリーライターのJaine Austenが主人公の"The Dangers of Candy Canes"を読みました。

SSSの書評システムでは(この本ではなくて)JaineのシリーズはYL=6.5前後になってますが、前の記事で書いたように「たとえ」で出てくる人物名などがピンとこなくて難しく感じました。
それと、読んでいくうちに、知り合いを救うためとはいえこんなことまでするか普通?と疑問を持ち始めてしまって、テンションが下がってしまいました。
「そんな無茶して、あんたはAtoZミステリーシリーズに出てくる小学生か!?」とツッコミながら読了しました。
いい男を見つけると目がハートになってしまう主人公にもついていけないものがあるし。
ちょっと好きになれないシリーズのようです。

Prozacと言う名前(何かの薬の名前が由来)のネコはいい味だしてるんだけどね~、事件には全然関与しないけど。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。