辞書はひかない。わからないところはとりあえずとばして、楽しめそうな英語の本を沢山読もう。ネコ好きの夜行猫の趣味の英語読書記録。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Judy Moody, M.D. : The Doctor Is In!
2010年06月04日 (金) | 編集 |
Judy Moody, M.D. (Book #5): The Doctor is In!Judy Moody, M.D. (Book #5): The Doctor is In!
(2006/03/14)
Megan McDonald

商品詳細を見る


医者にあこがれる小学生のJudy Moodyシリーズを読み始めたのは、この第5巻の表紙に惹かれたからでした。
最近は違う表紙のもあるようです。
このネコはJudyの飼い猫で、名前はMouseといいます。(笑)
残念なことにあまり出番は多くありません。たいして活躍もしません。

この巻は題名が「Doctor Judy Moody」となっているものもあります。
アメリカ版とイギリス版の違いかな~?

Judyのクラスは社会科見学で病院に行きます。ギブスをつける体験をしたりして大はしゃぎ。
学校では保健室のガイコツにびびる弟を笑わせたり、クラスの発表ではアメリカ初の女医になりきったりと大忙しです。
ところが悪友たちの間で、クラスのペットが1匹ではかわいそうだからクローンを作ろうということになり…

読んでいるとJudyに振り回されてる気がするのですが、ラストではちょっとホロリとさせられて、そこがこのシリーズの魅力です。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。