辞書はひかない。わからないところはとりあえずとばして、楽しめそうな英語の本を沢山読もう。ネコ好きの夜行猫の趣味の英語読書記録。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再挑戦"No One Noticed the Cat"
2010年09月29日 (水) | 編集 |
No One Noticed the CatNo One Noticed the Cat
(2007/05/29)
Anne McCaffrey

商品詳細を見る

YL=6.5-7.5
26,500w

活字が大きくて、余白も多く、総単語数が少ないこのPBに再挑戦してみました。
邦訳をしっかり読んでから原書を読んでみたのですが、やはり、難しいものは難しいですね。(^_^;)
見た目で読めそうな気がしたのですが、今回も半分で諦めました。

先日読了した「猫おばさんもの」とどう違うのか、考えてみました。

「猫おばさんもの」は現代のアメリカが舞台。
「ハリケーン・カトリーナ」が出てくれば、ああ、あのひどい天災ね~と思い出し、
「ツイート」という言葉に戸惑う様子が描かれれば、まあ、わからんでもないと同情したりします。
これまでに沢山のネコ本を読んできたので、アビシニアン、メインクーンといえば純血種ネコの種類名であって、アビシニア人だとかジャガイモの品種(それはメークイン)だとは思いません。

一方、今回、再チャレンジした本は中世ヨーロッパの架空の国が舞台。
いろんな身分の人がお城で生活しています。
この手の本を読みなれていないので、身分の上下関係がわからなかったり、隣の国にはKingがいるのに何故この国にはPrinceしかいない?と思ったり。
お城の構造用語がわからなかったり、馬関係の用語がわからなかったり。

英語の読解力というより、予備知識が有るか無いかが大きな違いだと思います。

というわけで、しばらくは現代ものを楽しもうと思います。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。