辞書はひかない。わからないところはとりあえずとばして、楽しめそうな英語の本を沢山読もう。ネコ好きの夜行猫の趣味の英語読書記録。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

If Books Could Kill
2011年01月25日 (火) | 編集 |
If Books Could Kill: A Bibliophile MysteryIf Books Could Kill: A Bibliophile Mystery
(2010/02/02)
Kate Carlisle

商品詳細を見る

前回の記事に載せた本が2巻ではなく3巻であることが判明したので、途中でやめて、2巻を読むことにしました。
1巻を読んでいないので、主人公の立ち位置がイマイチ把握できていないのは変わりありません。

主人公の Brooklyn Wainwright はサンフランシスコ在住だが、エジンバラ・ブック・フェアのためスコットランドに来ていた。
ホテルのパブで友人とあったり、知り合いとちょっともめたりしたあと、観光地を散策していたら昔の恋人Kyle McVeeに声をかけられた。
Kyleは古書の取り引きを生業にしていて、Brooklynに見てもらいたい本があるという。
それは200年以上前に作られた詩集なのだが、名の知れた詩人の私家本で、まだ世に知られていないものらしい。
本物だとすれば大発見!
しかもKyleは、何者かに命をねらわれているという。
この本のことは、まだ数人にしか言っていないのに?

これが第1章
気になることが色々出てきて、どんどん読んでいきたくなります。

表紙にネコが描かれているけど、出てくるのかな~
それが一番、気になる。(笑)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。