辞書はひかない。わからないところはとりあえずとばして、楽しめそうな英語の本を沢山読もう。ネコ好きの夜行猫の趣味の英語読書記録。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まだ読んでる "If Books Could Kill: A Bibliophile Mystery"
2011年02月09日 (水) | 編集 |
If Books Could Kill: A Bibliophile MysteryIf Books Could Kill: A Bibliophile Mystery
(2010/02/02)
Kate Carlisle

商品詳細を見る

半分を過ぎたあたりで、やっとネコが登場しました。
でも、すぐにいなくなってしまいました。

やっぱり「表紙のネコはイメージです」かな~

時々、和書のライトノベルを読んでいるので、こっちはなかなか進みません。
「ネコおばさんもの」くらいネコが出てこないとモチベーションが……
ミステリー的な謎はいろいろ散りばめられていて、とうとう主人公にも魔の手?が迫っているのかも、という状況になってきたところ。
早く読み終わって、スッキリした~~い。

3巻にはbibliophile用語解説があるのに、2巻にはありません。
読者からリクエストがあったのかもしれません。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。