辞書はひかない。わからないところはとりあえずとばして、楽しめそうな英語の本を沢山読もう。ネコ好きの夜行猫の趣味の英語読書記録。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Nate君のパンケーキ
2011年03月08日 (火) | 編集 |
Nate the GreatNate the Great
(1977/04/01)
Marjorie Weinman Sharmat

商品詳細を見る

今月は別の趣味のほうに力を入れることにしたので、読書はちょっと休憩モード。
その変わりにこの本の巻末に載っているレシピでパンケーキを作ってみました。
前から気になってたんだよね~~名探偵の推理の源。

材料は
・小麦粉 1カップ……アメリカの1カップは手持ちの料理本では250cc。
           牛乳が足りないので日本と同じ200ccで作る。
・塩 ひとつまみ
・砂糖 大さじ2
・ベーキングパウダー 小さじ1と1/2
・卵 1個
・とかしバター 大さじ2……と書いてあるが、面倒なのでオリーブ油で代用
・牛乳 1と1/2カップ……と書いてあるが1カップしか無かった。ま、いっか。
・シロップ……かわりに蜂蜜を使おう。

ボウルに小麦粉、塩、砂糖、ベーキングパウダーを入れる。
卵ととかしバター(オリーブ油)と牛乳を入れてよくかき混ぜる。……結構シャビシャビな感じだ。
鍋を十分に温める。
パンケーキ1枚ごとにバターをカップ半分鍋にそそいで焼く。……えー!Nate君はバタ臭いのが好きなんだ。悪いけど私はいつものようにテフロン加工のフライパンで油なしで焼かせてもらうよ。
お皿に載せてシロップ(蜂蜜)をかけてできあがり。

ペラペラのが7枚できました。
牛乳少なめなのに、挿絵ほどには高さがありません。
もっと小さいフライパンを使えばよかったのかな。
蜂蜜をかける前に1枚食べてみた。
ほんのり甘い程度で、予想よりは甘くありませんでした。

分量はNate君と愛犬が食べる量だそうな。
1カップ=200ccで作ったから大人の一人分にちょうどよかったけど、焼くときにたっぷりバターを使っていたら多いと感じたかも。
それにしても「カップ半分のバター」って??私の誤解(誤訳)かな?
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。