辞書はひかない。わからないところはとりあえずとばして、楽しめそうな英語の本を沢山読もう。ネコ好きの夜行猫の趣味の英語読書記録。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Case of the Lost Boy (Buddy Files)
2011年09月26日 (月) | 編集 |
The Case of the Lost Boy (Buddy Files)The Case of the Lost Boy (Buddy Files)
(2010/09)
Dori Hillestad Butler

商品詳細を見る

ちょっと前に読んだ児童書です。
すでに紹介したと思っていました。
多読友達の間で評判になっていたミステリーですが、イヌが主人公なので手を出しかねていました。
ネコも出てくるよ~と聞いたので読んでみました。

イヌのひとり語りなので、文章が個性的だが読みやすい。
なにしろ、まず、1文が短い。
難しい言葉が少ない。

イヌらしいのは、出会ったイヌや人の識別を、まず匂いですること。
それから、目先のことにとらわれがちで、何かにつけて「これはボクの好きな食べ物」と言うこと。

イヌは人間の言葉がわかるけど、人間はイヌの言葉がわからない。
だから、会話がかみ合っていないこともしばしば。

これはシリーズ1作目。
Kingという名前のイヌが施設にいます。
あんなに自分をかわいがってくれた飼い主が自分を捨てるはずはないから、何かあったのだろうかと心配しています。
そんなとき、自分を引き取るという人間が現れ、Buddyと名付けます。
この人たちには親近感を感じるけれども自分はKingだと思っているので、複雑な心境になります。
そんなとき、事件が起こります。

ネコの出番は少ないです。
イヌの目線で描かれているので、ネコは意地悪で生意気で偉そうで鼻持ちならないヤな奴です。(笑)
挿絵のネコがあんまりネコっぽくないのが、ちょっと残念。
コメント
この記事へのコメント
昨日、4巻目のおしゃべり読書会をやったよ!
ここがこーだった、あそこはこう思った、ってみんなでわいわいやるの
たのしかったよ(^^)
夜行猫さんもやろーよー♪

The Buddy Filesはね、3巻までは読もうね!
3巻目が私も大好きです(^^)
4巻からまた新たな展開があって、これからもたのしみ~!
2011/09/27(火) 12:31:47 | URL | たんぽぽのわたげ #amXlFcx2[ 編集]
コメント、ありがと~
コメントありがと~
スカイプ……なんか、ハードル高い。。。
Buddy Filesは4巻まで読みました。
2011/10/03(月) 17:10:47 | URL | 夜行猫 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。