辞書はひかない。わからないところはとりあえずとばして、楽しめそうな英語の本を沢山読もう。ネコ好きの夜行猫の趣味の英語読書記録。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Case of the Fire Alarm (Buddy Files)
2011年10月03日 (月) | 編集 |
The Case of the Fire Alarm (Buddy Files)The Case of the Fire Alarm (Buddy Files)
(2011/03)
Dori Hillestad Butler

商品詳細を見る

私としてはレベル2の感じで読める、イヌ探偵(?)シリーズの4巻目。
レベル2にしては、話が長いかも。
この巻でも、例の嫌味な名無しネコがチラリと登場します。

Buddyの飼い主は小学生。
そのお母さんは同じ学校で校長先生をしています。
前々からBuddyはスクールドッグとして学校へ連れて行くと言われていて、そのための訓練も受けてきました。
そして、この巻でやっと、待ちに待った学校デビューです。
たくさんの子どもたちと一緒に遊べる!と浮き足立っていたBuddyですが、学校についてみると、校長室でじっとしているように言われてしまいます。
Buddyの登校をよく思っていない先生がいるからです。
「いい子」をしてその先生にも認めてもらおうと思うのですが、うまくいきません。
そんな時、学校の火災報知機がいたずらされて警報のベルが鳴る事件が起きました。
においで犯人探しに貢献しようとするのですが、人間とは言葉が通じないのでじれった~~い。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。