辞書はひかない。わからないところはとりあえずとばして、楽しめそうな英語の本を沢山読もう。ネコ好きの夜行猫の趣味の英語読書記録。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Curiosity Thrilled the Cat: A Magical Cats Mystery
2012年04月05日 (木) | 編集 |
Curiosity Thrilled the Cat: A Magical Cats MysteryCuriosity Thrilled the Cat: A Magical Cats Mystery
(2012/01/01)
Sofie Kelly

商品詳細を見る

つい先日、アマゾンで発掘したネコ・ミステリーシリーズのペーパーバックです。
すでに第2巻まで出ているようです。

久しぶりの大人の読み物です。
途中で投げちゃうかもしれない~、と思いつつ読み始めると、いきなりニワトリの首を絞めた人を叱責している場面でビックリ!
コージーミステリーだと思って買ったのに、スプラッター物だったの!?
……と思ったらこれが勘違い。
読み進めていくと、マタタビ入りおもちゃのニワトリの頭をどっかにやっちゃったネコを叱っていたことが分かる構成になっていたのでした。
前振りはサクサク読まないと、殺人事件までたどりつかないよ。(笑)

初めてのシリーズは登場人物とか舞台となっている町の様子とか、状況をつかむのに時間がかかります。
たった27ページ、第2章の終わりまで読むのに3日かかりました。
そして、そこで死体が出てきました。

シリーズ名が"Magical Cats Mystery"ですが、ファンタジーではなく、現代のアメリカはミネソタ州が舞台です。
単なるネコの気まぐれなのか、いやいや、もしかしたら「何か」を感じる能力があるのかしらん、とネコの飼い主である主人公は思っているのです。

たった27ページ読んだ中に笑える場面もあったので、どうにか楽しめそうです。
ネコもいろいろやらかしそうだし。

というわけで、しばらくはこの本にかかりきりになりそうです。
コメント
この記事へのコメント
おー! おもしろかったら買います。

そうだった、Library Mouseの絵本は3巻まで届きました。もう一度、ありがとう!
2012/04/06(金) 20:20:35 | URL | さかい@tadoku.org #-[ 編集]
コメントありがと~
さかぽん、こんにちは~
私の評価にはネコ・フィルターがかかっているので、ご注意ください。(笑)
2012/04/07(土) 19:20:13 | URL | 夜行猫 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。