辞書はひかない。わからないところはとりあえずとばして、楽しめそうな英語の本を沢山読もう。ネコ好きの夜行猫の趣味の英語読書記録。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Catula (Scaredy Cats)
2012年09月04日 (火) | 編集 |
Catula (Scaredy Cats)Catula (Scaredy Cats)
(2005/05/19)
Shoo Rayner

商品詳細を見る

先日アップした本の作者名で検索したら、こんなシリーズがヒットしました。
残念ながら、すべて入手困難のようです。
……どうやら、私が最後の1冊を買ってしまった模様。

わかりにくい駄洒落ですが、この本はドラキュラのパロディです。
ほかにもフランケンシュタインやジギルとハイドのパロディなど全8冊の恐怖ネコ・シリーズ。

歯科医のところで飼われているネコのDaisy は、恐ろしい物音にびっくりして家を飛び出します。
街角には秘密結社Scaredy Cats の面々が集まっていました。
(要するにネコの集会)
Daisy の話を聞いたリーダーのKipling は「明日、獣医に連れて行かれるだろう」と言い、ペルシャネコAunt Bellaが体験したという恐ろしい獣医Dr. Catula のことを語ります。

ホラーなのか、ホラ話なのか、よくわかりません。(笑)
ほとんどのページに挿絵があるので読みやすいです。
読みやすさレベルはYL=2.0-2.5 くらいかな。

タドキストにあるまじき行為ですが、
前後関係からなんとなくわかるけど、実はよく分かっていない単語をピックアップしてみたら、38語ありました。
総単語数は手カウントで984語。
およそ4%ほど知らない単語があっても楽しめる、ということです。

このシリーズのほかの本が読めないのは残念です。
今までどうしてこのシリーズに気が付かなかったのでしょう。
Ginger Ninja シリーズを買ったときに、作者名で検索しているはずなのに~~
イギリスの本だから当時は高かったのかな~?
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。