辞書はひかない。わからないところはとりあえずとばして、楽しめそうな英語の本を沢山読もう。ネコ好きの夜行猫の趣味の英語読書記録。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Cat Tales: the Cat with Two Names
2012年09月11日 (火) | 編集 |
Cat Tales: the Cat with Two NamesCat Tales: the Cat with Two Names
(2008/10/31)
Linda Newbery

商品詳細を見る

これも多読図書を扱うネット古書店「てつがくのみち」で見つけたシリーズです。
全6冊のうち4冊しか無かったので、アマゾンで残りを買いました。
登場人物やネコはぞれぞれ異なるので、どの本から読んでも大丈夫のようです。

この本では、元の飼い主が引っ越しのときに置いていったネコが主人公です。
置いていかれたネコは、その家の次の住人にも拒否されてしかたなく野良として生きていきます。
やがて幸運に恵まれて2つの家で食事をもらえるようになったのですが……

挿絵はシンプルですが、2ページにひとつくらいの割合で入っているので、とても読みやすいです。
ちょっぴりドキドキな場面もありますが、全体的にはほのぼのとしていました。
登場人物が子供ではないので(たぶん)、説教くささもないところが気に入りました。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。