辞書はひかない。わからないところはとりあえずとばして、楽しめそうな英語の本を沢山読もう。ネコ好きの夜行猫の趣味の英語読書記録。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Cat Tales: Smoke Cat 読了
2012年09月20日 (木) | 編集 |
Cat Tales: Smoke CatCat Tales: Smoke Cat
(2009/01/30)
Linda Newbery

商品詳細を見る

Simon は両親が気に入って買った古い家が、始めは気に入らなかった。
見た目は暗いし、隣の家とはほとんどくっついている。
でも裏庭には草がいっぱい生えていて、リンゴの木があったのは気に入った。
リンゴの木に登ってみると、隣の家のおばあさんと思われる人が見えた。
自分の家の花にペットみたいな名前をつけて話かけている、変な人っぽかった。
別の日、自分の部屋の窓から隣の庭をみたら、おばあさんがたくさんのネコに話しかけていた。
しばらくして母親に隣のおばさんを紹介してもらったら、Simonが見たおばあさんとは別の人のような明るい人だった。。。

Mudpuddle Farm がドタバタ系とすると、このCat Tales はしっとり系かな。
前に読んだRain Cat はリアルな展開だったけど、これはちょっとファンタジーの入った不思議系。
どちらも心温まるほのぼのストーリーでした。
コメント
この記事へのコメント
これ、表紙の絵が・・・
とても良さそうなのだけれど、どうなんです?
2012/09/20(木) 23:27:31 | URL | さかい@tadoku.org #-[ 編集]
Re: これ、表紙の絵が・・・
> とても良さそうなのだけれど、どうなんです?

さかぽん、こんにちは~

このシリーズは私としては気に入っていまして、シリーズ全6冊をなるべく続けて読みたいと思ってます。
挿絵は2ページにひとつくらいで多い方ですが、挿絵だけで話がわかるほどではありません。
絵はシンプルな線画で、あくまでも挿絵って感じです。
表紙の絵とはちょっとイメージが違うかも。描いている人は同じみたいですけど。

ペット・ボランティア系のような白々しさがなくて、落ち着いた「ちょっといい話」系かな~
変な人が登場してもお話としては全然バカっぽくなくて、この本の「隣の変なおばあさん」も、認知症なのかしらんと思ったくらい。
子供っぽい話は苦手という大人のタドキストに向いているような気がします。
この巻だけはちょっと現実離れしている(ファンタジーが入っている)ところはあるんですけどね~
2012/09/21(金) 19:46:30 | URL | 夜行猫 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。