辞書はひかない。わからないところはとりあえずとばして、楽しめそうな英語の本を沢山読もう。ネコ好きの夜行猫の趣味の英語読書記録。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

易しい洋書ネコ本の探し方
2012年12月07日 (金) | 編集 |
SNEAKY INVESTIGATES: Who Ate All the Cakes?SNEAKY INVESTIGATES: Who Ate All the Cakes?
(2011/01/22)
Louise C. Simon、Deborah K. Hall 他

商品詳細を見る

Kindle Paperwhite を買って以来、Kindle三昧な今日この頃。
今日は、この絵本のKindle版を読みました。
上の画像は紙の本にリンクしていますが、入手困難のようです。
Kindle版にはこれの続編もありました。

表紙画像にあるように挿絵はすべて写真です。
右のメガネをかけているのが探偵役のヒョウのSneaky、左は助手のイヌRufusです。
Ruby Rabbit とBobbie Bunny がみんなで食べようと焼いたケーキが無くなってしまいます。
Sneakyたちは聞き込みを繰り返して……
写真の雰囲気そのままの、ほのぼのミステリーです。
紙の本の長さは46ページ。
Mr. Putter and Tabby シリーズくらいの長さと難易度だと思います。






今までのamazon.co.jp でネコ本を探す方法は
左側にあるカテゴリーで本・雑誌>洋書
そこからジャンルでChildren's Books >Animals >Cats
さらに右側の並べ替えで「価格の安い順」にしたり「出版年月が新しい順」にしたりして
つらつらと見ていました。

Kindle洋書でもだいたい同じです。
ただし、Animals より細かいジャンルが無いので、パソコンの場合は検索窓にCatsと入れたり、Kitten と入れたりしています。
Kindle Paperwhite の場合は、「検索」はそのときに見ている画面に関係なくKindleストア全体で検索してしまうようです。
モノクロの小さな画面では表紙画像がイマイチ見にくいので、いずれにしてもパソコンのほうが探しやすいです。
近頃はこたつで読書することが多いので、パソコン部屋に行くのが億劫だったりするのですが(^_^;)

アマゾンのパソコン画面では各ジャンルに何冊本があるか、左の一覧では数字が出なくなりましたね。
検索すれば「検索結果***件中~」と出ますが。
以前は、CatsよりDogsのほうが倍くらい本があるんだ~と一覧を眺めていたものでした。

Kindle端末では一覧でも表示されています。
数字は日々変わっているようです。
今、現在「すべてのKindle本」が1,586,640で「Kindle洋書」が1,512,459ですって!
ほとんどが洋書ですよ。
計算すると洋書じゃない本は7万4千冊。。。まあ、この数字だけ見ると大きいですけど、、、
Kindle洋書>Children's Booksとすると88,032
ってことは、日本語の本全部より外国語の児童書のほうが多い。

私は「易しいネコ洋書が次々見つかって困る~」と嬉しい悲鳴をあげていますが、日本語の本が読みたい人には全然物足りないでしょうね~これでは。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。