辞書はひかない。わからないところはとりあえずとばして、楽しめそうな英語の本を沢山読もう。ネコ好きの夜行猫の趣味の英語読書記録。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Slobcat Mini Treasure
2013年01月23日 (水) | 編集 |
Slobcat Mini TreasureSlobcat Mini Treasure
(1996/11/26)
Paul Geraghty

商品詳細を見る

あちこちに積み上がっている本を本棚に収めるべく、本を整理しています。
「本には雄と雌がある」というジョークに大賛成です。
まとめて置いておくといつの間にか増えている。。。
そんなわけで、久しぶりにこの絵本を読みました。(だから、なかなか片付かない)
私の持っているこれは、手のひらサイズのミニ絵本ですが、普通のサイズも存在ようです。

飼い主の女の子が、Slobcat と呼んでいる飼い猫のことを語っています。
うちのネコは寝てばかりのダメダメネコで、ごはんを食べるのすらめんどくさがる。
雨宿りも満足にできない、と、さんざんな言われようです。
でもね、絵をよく見てください。

多読に絵本を勧める理由として、英語が分からなくても絵が教えてくれるからといいますが、この絵本ではそれが当てはまりません。
文章と絵とのギャップを楽しむ絵本です。

調べてみたら、何年か前にもこの本を取り上げていますね~
その時は1ページに1文くらいという文章の少なさから、カテゴリーをレベル0にしていました。
でも、絵と文とで言ってる事が違う(?)ので、今回はレベル1にしました。

面白いので、この本は手放せないな~
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。