辞書はひかない。わからないところはとりあえずとばして、楽しめそうな英語の本を沢山読もう。ネコ好きの夜行猫の趣味の英語読書記録。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mike, the Museum Cat 読了
2013年04月14日 (日) | 編集 |
Mike, the Museum CatMike, the Museum Cat
(2013/03/22)
Richard Brookes

商品詳細を見る

Kindle ストアでカテゴリーを
Kindle洋書→Children's Books→Animals
と絞っていき、「価格の安い順」に並び替えて、あとはひたすらスクロールして見つけた本です。
この手法で面白いネコ本を見つけるのは、実は難しいのではないかと思う今日この頃。
短くて読みやすい本は結構あるのですが。

その中で、この本は実在したネコをモデルにした話という点で興味を惹きました。
大英博物館では100年ほど前に、実際にMike という名前のネコを飼っていたそうです。

本文中に挿絵などは無く、文章は少し読みにくかったです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。