辞書はひかない。わからないところはとりあえずとばして、楽しめそうな英語の本を沢山読もう。ネコ好きの夜行猫の趣味の英語読書記録。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Agatha Raisin: Hell's Bells (A Short Story) 読了
2013年08月27日 (火) | 編集 |
Agatha Raisin: Hell's Bells (A Short Story)Agatha Raisin: Hell's Bells (A Short Story)
(2013/02/13)
M.C. Beaton

商品詳細を見る

これはKindle版です。
私は無料でダウンロードしました。
Kindle本の値段はコロコロ変わるのでアマゾンの画面でしっかり確認してください。

コージー・ミステリィのアガサ・レーズン・シリーズは日本ではまだ数冊しか翻訳されていませんが、オリジナルは20冊以上でている人気シリーズです。

高齢者というにはほど遠いアガサは、広告代理店でバリバリ仕事をしていたのをすっぱりやめて、コッツウォルスに引っ越し、優雅な田舎暮らしを始めます。
しかし今まで仕事一筋で料理は苦手、人を使うのは上手だけど空気を読まないアガサは近所の輪に入れません。
こんな自己チューな女性が主人公の話なのになんで人気なんだろう?と思っていましたが、シニカルなイギリス人には受けるタイプなのでしょうか。
部下の男性を叱り飛ばすことはできても、意中の男性を目の前にすると言葉足らずになってしまい、つっけんどんな印象を与えてしまうところなどは、憎めないキャラと言えないこともないです。
要するに、ツンデレおばさん!?

さて、本編では(私が日本語で読んだ範囲では)毎回ネコが出てくるのですが、今回読んだ短編には出てきませんでした。

読みやすさレベルYL=6.0くらい?
長編は1冊300ページくらいあるので、YL=6.0-7.0くらい?
これを読んで、このくらいの英語なら読めそうだと思ったら1巻から順に読むといいかも。
私は強気すぎる女性は苦手なので、邦訳がある本をわざわざ原書で読もうとは思いませんが。(^_^;)

これが1巻のKindle版。
今だけでしょうか?1巻だけメッチャ安いです。

何度も言いますが、Kindle本の値段はときに乱高下しますので、ポチッとする前にアマゾンの画面をしっかり確認してください。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。