辞書はひかない。わからないところはとりあえずとばして、楽しめそうな英語の本を沢山読もう。ネコ好きの夜行猫の趣味の英語読書記録。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Agatha Raisin and the Christmas Crumble 読了
2013年08月30日 (金) | 編集 |

またまたKindle本の紹介です。
持ってない人ゴメンナサイ。無料なのでつい自慢したくなって、、、(^_^;)
価格は変わる可能性がありますので、ダウンロードする前に、アマゾンの画面でよーく確認してください。

コージーミステリィのアガサ・レーズン・シリーズ、邦訳では「英国ちいさな村の謎」シリーズの短編です。
章が二つしかありません。
この短編の邦訳はまだ出ていません。
表紙にネコがいるので期待したのですが、ネコの出番はわずかしかありませんでした。

アガサ・レーズン、女性、50歳台、独身、性格は勝ち気。
それまでバリバリのキャリア・ウーマンだった彼女が、仕事を辞め、憧れのコッツウォルズに移住して田舎暮らしを始めたからといってのんびりした性格になるはずはなく、はりきってクリスマス・パーティーを企画・開催する。
そして、宴もたけなわとなったその時、事件が起こる。

料理が苦手なアガサが手作りのクリスマス・プディングを強引に作るあたりから、読者は不安を感じ始め、事件が起こったときに読者はホッとするという、なんとも皮肉なお話。(^_^;)(^_^;)

イギリスでは25冊も出ている人気作だそうですが、日本語版はまだ3冊しか出ていません。
私は邦訳しか読んでいなかったので、とあるネタバレ的記述に目が点になりました。
事件には全然関係のないことなので、邦訳を読んでいない人は何とも思わずにスルーすることでしょう。
(もちろん、すでに原書で読んで知っている人も)
あまりネコが出てこないシリーズなので邦訳を読むのをそろそろ止めようかと思っていたのだけど、このいきさつが気になるのでもうちょっと続きを読んでみようかな。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
管理人の承認後に表示されます
2013/09/15(日) 18:54:09 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。