辞書はひかない。わからないところはとりあえずとばして、楽しめそうな英語の本を沢山読もう。ネコ好きの夜行猫の趣味の英語読書記録。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絵本"Minou" 読了
2013年10月13日 (日) | 編集 |
MinouMinou
(1987/09)
Mindy Bingham

商品詳細を見る

ハードカバーの大判絵本です。
Itoko Maeno さんが絵を描いているシリーズ。
文章を書いている人は本によってさまざまです。
表紙の裏側に舞台となっている街の地図があり、観光案内的な側面もあるシリーズです。

この本の舞台はフランスのパリ。
シャム猫のMinou はセーヌ河の左岸で人気女流画家の飼い猫として何不自由なく育ってきました。
ところがある日突然飼い主が亡くなり、Minouは野良猫になってしまいます。
飼い猫としての生活しか知らないMinou は、新しい飼い主を求めてパリの街を彷徨いますが、、、

巻末の保護者向け(?)の解説によると、女性が貧困から抜け出すには女子教育や職業スキルなど自立して生活するための訓練が必要だということがテーマになっているようです。
なかなか感動するストーリーだったのに、そう解説されるとシラケちゃうな~。(^_^;)

絵が素敵なハードカバー絵本ですが、入手困難なのが残念です。
私の本はアマゾンのマーケットプレイスで買った古本なので、消毒のにおいでしょうか、独特のにおいがなかなか取れません。(T_T)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。