辞書はひかない。わからないところはとりあえずとばして、楽しめそうな英語の本を沢山読もう。ネコ好きの夜行猫の趣味の英語読書記録。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語児童書"Witch's Cat" 読了
2013年10月20日 (日) | 編集 |
Witch's CatWitch's Cat
(1994/09)
Ruth Chew

商品詳細を見る

残念ながらアマゾンに表紙画像がなく、入手も困難な児童書です。
10月はハロウィーンということで、手持ちの未読本から魔女系の本を読みました。
アマゾンのマーケットプレイスで買った中古本です。
以前に紹介した"The Witch and the Ring" と同じ人が書いています。

Matthew とHolly の兄妹は、両親が数日留守にする間、ブルックリンにある祖父母の家に泊まることになりました。
祖父母の家には手足の白い黒猫がいて、賢いのでアインシュタインの名前をとってAlbert と呼ばれていました。
Albert は不思議なネコで、庭のハーブに興味を示したり書斎の本を読んだり(?)しています。
そして祖父母がそばにいないときに、Albert は兄妹に人間の言葉で話しかけたのでした。。。

私には想定外の展開で、物語に引き込まれました。
裏表紙によると7~9歳向けの児童書ということです。
3ページにひとつくらいの割合で挿絵があって、とっつき易かったです。
ページ数が128ページなのも、厚すぎず、読む気が削がれません。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。