辞書はひかない。わからないところはとりあえずとばして、楽しめそうな英語の本を沢山読もう。ネコ好きの夜行猫の趣味の英語読書記録。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sherlock Ferret and the Missing Necklace
2014年04月10日 (木) | 編集 |
Sherlock Ferret and the Missing NecklaceSherlock Ferret and the Missing Necklace
(2013/10/10)
Hugh Ashton 文
Andy Boerger 絵

商品詳細を見る

ネコは登場しませんが、面白かったので紹介します。
残念ながらKindle版しかないようですが。

シャーロック・ホームズのパロディです。
シャーロック・フェレットとワトソン・マウスは、ハドソン夫人がやっているパン屋(baker's shop)に住みついているフェレットとネズミです。
ちなみにワトソンの肩書はMDすなわち医学博士(Medical Doctor)ではなく(笑)、Mouse Doctorです。
ある日、若いウサギが探偵に助けを求めてやってきます。
カササギのモリアーティに騙されて、大事なネックレスを失くしてしまったらしいのです。
早速、二人は聞き込みを始めますが、、、

怪しい人物が二転三転し、オリジナルのホームズ作品で見たことあるような、依頼人を驚かせる演出で、めでたしめでたしとなります。
カバのレストレード警部とか、モラン大佐のような名前の鳥(もちろん悪役)なども登場します。

全6章から成り、紙の本にすると46ページくらいの長さらしいです。
ところどころに挿絵があって、いい味だしてます。

作者のHugh Ashton はイギリス生まれですが、鎌倉在住。
一般向けのシャーロック・ホームズ・パロディをたくさん書いています。
そのうちの1冊が日本人英語学習者向けに易しく書き直されて、マクミランから出ています。

ブラッドフィールドのギャング―新シャーロック・ホームズ〈1〉 (レベル別英語ポケット文庫)ブラッドフィールドのギャング―新シャーロック・ホームズ〈1〉 (レベル別英語ポケット文庫)
(2013/11)
ヒュー アシュトン

商品詳細を見る


こちらもホームズ・パロディ(パスティーシュのほうが正しいか)として悪くはなかったけど、私には Sherlock Ferret の方が面白かったな~
コメント
この記事へのコメント
uh-oh…
またまたおもしろそうなの みつけたね!
読みたいなぁ!
紙本がいいなと思ってアメリカのAmazon見に行ったら
1.4$のがあったの!で、送料を確認して戻ったら
なんと5$のしかなくなってたー。誰っ??
この瞬間に?? ちゃんちゃん  笑
くやちい(^^;;
2014/04/11(金) 12:45:46 | URL | たんぽぽのわたげ #amXlFcx2[ 編集]
たんぽぽん、こんにちは
残念だったねー。
でも、アメリカのアマゾンから買う気になってたんだー。
その気合だけでもすごいよ。
2014/04/19(土) 14:01:52 | URL | 夜行猫 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。