辞書はひかない。わからないところはとりあえずとばして、楽しめそうな英語の本を沢山読もう。ネコ好きの夜行猫の趣味の英語読書記録。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Five Creatures
2008年02月12日 (火) | 編集 |
Five CreaturesFive Creatures
(2005/03)
Emily Jenkins(文)
Tomek Bogacki(絵)

商品詳細を見る

ちょっと前ですが、某ネコ雑誌のネコ絵本特集で、この本の邦訳版が紹介されていました。
両親と自分とネコが2匹の5人家族の女の子が、自分の家族について語ります。
ネコも人間もいっしょくたになっているところがユニークです。
絵も子供が描いた感じになっています。

SSS英語学習法研究会によると、読みやすさレベルYL=0.6、総単語数は199語。

1ページに1~2行しか文章がない、易しい絵本です。
学生の頃には「関係代名詞は難しい文法だ」とさんざん言われましたが、文字を覚える年齢の子供でもバンバン使うことが分かります。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。