辞書はひかない。わからないところはとりあえずとばして、楽しめそうな英語の本を沢山読もう。ネコ好きの夜行猫の趣味の英語読書記録。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Cheshire Cheese Cat: A Dickens of a Tale
2014年09月23日 (火) | 編集 |
The Cheshire Cheese Cat: A Dickens of a TaleThe Cheshire Cheese Cat: A Dickens of a Tale
(2014/09)
Carmen Agra Deedy、Randall Wright 他

商品詳細を見る

1章が短くて、挿絵があって、でも200ページ以上もあるので、読みごたえがありそう、という本を見つけました。
これは読みやすくて面白い本に違いない!と飛びついたのですが、まだほんの数ページしか読めていません。

珍しいことに、巻頭に、主な登場人物(動物)紹介があります。
巻末には、見慣れなさそうな単語の解説まであってなんて親切な児童書なんでしょう!と思いつつ読み始めたら、予想外に難しかった。
単語の解説はそのためなのね~
チャールズ・ディケンスが登場するのですが、私が彼の小説をあまり知らないからでしょうか。
イギリスの下町言葉が使われているのでしょうか。
英語の難しさが気になって、なかなか物語に入っていけません、

ちなみに、画像は、私が買ったアメリカ版にリンクしています。
邦訳が出ています。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。