辞書はひかない。わからないところはとりあえずとばして、楽しめそうな英語の本を沢山読もう。ネコ好きの夜行猫の趣味の英語読書記録。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

My Unwilling Witch Goes to Ballet School
2008年06月14日 (土) | 編集 |
My Unwilling Witch Goes to Ballet School (Rumblewick Diaries)My Unwilling Witch Goes to Ballet School (Rumblewick Diaries)
(2007/09/06)
Hiawyn Oram, Sarah Warburton

商品詳細を見る

魔女に仕えるネコのRumblewickの日記シリーズの1作目。
問題行動の多い魔女の世話は大変なようです。
手書き風の文字には気持ちがにじみ出ています。

この1作目だけ「魔女ねこ日記」というシリーズ名で邦訳が出ています。
書店で邦訳版を見た感じでは、低学年向けという気がしたのですが、原書の英語は思ったより難しかったです。
SSS英語学習法研究会の読みやすさレベルで言うとYL=3.5-4.3ってところかな?

アマゾンでは「ペーパーバック」となっていますが、ハードカバーほど丈夫ではないけど本文の用紙よりちょっと大きいしっかりした表紙がついています。
この本がRumblewickの日記帳そのものという設定で装丁されており、持ち主のサインが書いてあったり、コップを置いた跡がついていたりします。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。