辞書はひかない。わからないところはとりあえずとばして、楽しめそうな英語の本を沢山読もう。ネコ好きの夜行猫の趣味の英語読書記録。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Winnie in Winter
2008年12月11日 (木) | 編集 |
Winnie in Winter (Winnie the Witch)Winnie in Winter (Winnie the Witch)
(2006/08/03)
Valerie Thomas(文)
Korky Paul(絵)
商品詳細を見る

私の持っている本は絶版になっているので、現在アマゾンで扱っているISBNにリンクしてあります。

外は雪。池は凍り、軒下にはつららが伸びています。
魔女のWinnieは寒さに震えています。
黒ネコのWilburもつらそうです。
そこでWinnieは呪文を唱えて自分の家の敷地だけ夏にしましたが…

絵をよく見るとサンタクロースのそりが空を飛んでいます。
動物に混じって変な生き物がいたり、群集の中に人じゃない人がいたりして、絵をじっくり見るのも面白い絵本です。

SSS英語学習法研究会によると、このシリーズは読みやすさレベルYL=0.8くらいだそうです。
文字が小さいのでもう少し難しく感じました。
コメント
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2008/12/11(木) 18:19:41 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。