辞書はひかない。わからないところはとりあえずとばして、楽しめそうな英語の本を沢山読もう。ネコ好きの夜行猫の趣味の英語読書記録。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tooth and Claw
2009年05月24日 (日) | 編集 |
Tooth and Claw (H fantasy)Tooth and Claw (H fantasy)
(1999/06)
Stephen Moore

商品詳細を見る

今読んでいる本です。
アマゾンでは中古しか売っていないようです。
アマゾンの商品説明で228ページと書いてあったので、積読本のつもりで中古を買いました。
実際には260ページありました。(笑)
表紙に惹かれました。

外見は大人向けのペーパーバックにも見えますが、中を開けてみると、流石に挿絵はありませんが、文字が大きいです。
4~8歳向けの児童書くらい、文字が大きいです。
そんなわけで、もしかしたら読めるかも~と読み始めました。

人間に捨てられたネコたちのサバイバル物です。

3日で半分くらいまで読みました。
人間がいなくなった理由は謎で、ネコたちには次々に困難が襲ってきます。
もう止められません。

「難しそうだけど、ちょっと読んでみるか」と思うと途中で投げることが多いですが、「もしかしたら読めるかも」と思って読むと結構読めることが多いです。
先入観とか、思い込みとか、思い入れとかって、意外と結果につながります。

自分が楽しめているのでレベル3にしましたが、客観的に判断するとレベル4の易しい目かもしれません。

コメント
この記事へのコメント
お久しぶりです
時々お邪魔しています。こんにちはー。
この本、面白そうですね。グッときました。
字が大きくて、小さい子向けで、なのに260ページもあるって魅力的(ハート)
2009/05/25(月) 10:28:33 | URL | アトム #mQop/nM.[ 編集]
アトムさん、こんにちは
アトムさん、コメントありがとうございました。
わたしも時々アトムさんのところを覗いています。
この本、挿絵が無いので小さい子向けかどうかは微妙です。
ネイティブの小学校高学年くらいかな~
(まだ老眼じゃないつもりだけど)字が大きいのは読みやすいし、ページがどんどんめくれるのは快感です。
物語りも一難去ってまた一難という感じで、3分の2まで読みました。
Bryna(主人公)頑張れ~
2009/05/27(水) 20:15:52 | URL | 夜行猫 #r7kgzLsk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。