辞書はひかない。わからないところはとりあえずとばして、楽しめそうな英語の本を沢山読もう。ネコ好きの夜行猫の趣味の英語読書記録。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Skin and Bone
2009年06月11日 (木) | 編集 |
Skin and Bone (H fantasy)Skin and Bone (H fantasy)
(1999/06)
Stephen Moore

商品詳細を見る

前に紹介した "Tooth and Claw" の続編です。
アマゾンでは在庫なしで、マーケットプレイスで古本がすぐに手に入りました。
表紙はイヌですが、ネコも活躍します。

ある日突然人間がいなくなってしまった町で、ペットだったイヌやネコたちは生きるのに必死です。
晴れた日が続き、川の水もほとんどありません。
人間が戻ってきた、と思ったら、今まで住んでいた人々とは様子が違います。
その上、キツネやら、謎の大きなトリやらが攻撃してきます。
前作で傷を負ってしまったネコのBrynaや、仲間たちは生き延びることができるのか!?

と、まあ、波乱万丈の展開が面白くてガンガン読めました。
262ページもありますが、文字が大きいので、すぐにページがめくれるというのも、励みになります。

しか~し、、、
昔話じゃあるまいし、キツネが化けるという設定はちょっと苦しい気がしました。
それに、○○を○○するイヌってのも、サバイバル・ストーリーがしらけてしまう。
ま、鉄棒するネコや、ドアを開けるネコは実在するけどねぇ(笑)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。